一時的な感情だけで決めない

>

転職のタイミングとポイントを検討する

どちらが得か冷静に判断する

今の会社に残るのが良いのか転職するのが良いかを、現在の職場が嫌になった時は冷静に判断してどうするか決めます。
何も考えずにその時の気持ちだけで決めると、短期間で転職を繰り返す事になりやすいからです。
普段の行動で問題点がないか、自分で何かしら改善できる点があるか検証しましょう。

前向きになるように思考を変えたり、友人や家族など周りにこの問題へのアドバイスを求めるのは良い方法です。
自分一人で考えるより、他者の意見を聞く事で冷静になります。
嫌だというネガティブな感情を取り除く事が大事であり、一人で結論を急がないのが大事です。
働きやすい環境を作るのは前向きな考えと行動である事を念頭に、転職か残留か検討しましょう。

上司や同僚に助けを求める

自分だけで解決できない悩みがあり、会社が嫌になっている場合は上司や同僚に助けを求めましょう。
転職をするよりも有効な方法が見つかる場合があります。
信頼できる上司や同僚に、どのようにしたらその問題点が解決するかアドバイスを受ける事で前向きな考えになる可能性があるからです。

自分一人で解決しようと考えて転職を繰り返すより、周りに助けを求めるのは前向きな解決方法になります。
嫌になった事で視野が狭くなっているのを、周囲の方たちが変えてくれる場合があるからです。
職場の人たちとコミュニケーションをなるべくはかるようにしましょう。
お菓子を休憩時間に時々は差し入れしたり、雑談をするのを無駄だと思わないのが大事です。


このコラムをシェアする