一時的な感情だけで決めない

>

辞める前にできる事

休暇や会社の福利厚生を利用する

休暇や働いている会社の福利厚生を利用してリフレッシュを図る事で、会社が嫌で転職をすぐにするという考えが変化する可能性があります。
体調がすぐれなかったり、精神的に追い詰められていたりストレスを軽減する働きがあるからです。
有給休暇が利用できる方は、趣味などの好きな事をその期間にするのは良い方法です。

職場環境や労働条件によっては、資格をその間に取得するなどに利用する良い機会になります。
今の職場に残る場合でも、転職をするにしろリフレッシュをする事で新たな解決策が見つかる可能性があるからです。
心身を休めたり旅行などで休暇を楽しむ事で、仕事のストレスが軽減して転職について時間をおいて考えるのがポイントです。

一人で抱え込まない

一人で仕事上の悩みを抱え込まないのが、転職をすぐに決める前に行うべき行動です。
例えば仕事が上手くいかないなど何らかのトラブルを抱えていて、会社が嫌になる場合があります。
同僚や上司にこれらに関するサポートを依頼する勇気が必要です。
サポートを依頼するのは恥ずかしい事ではありません。

仕事に対する自分の考えを変えるのが一つの方法になります。
今のスタイルで上手くいかないなら、別のアプローチをするなどなんらかの工夫が必要です。
行き詰ってしまう原因に、職場の誰にも相談が出来ない状態で一人で考え込む場合に見られます。
職場の環境で改善が可能な事がないか、スタッフが足りないなどの悩みがある場合は相談をしましょう。


このコラムをシェアする